• ホーム
  • レビトラが効かない人の特徴

レビトラが効かない人の特徴

レビトラは服用して素早く効果が発揮されることがアピールポイントとなっているED治療薬であり、現在実用化されている三種類のED治療薬の中でも特に効果が早く出ます。
中には服用しても効果が無かったと感じる人がいるのですが、こうした人にはある程度共通する特徴があります。
その特徴としてまず挙げられるのは「性的刺激を受けないと勃起しなかった」と感じている人です。
これはED治療薬を催淫作用のある薬だと誤解している人が多く、そもそもED治療薬は勃起が持続できる薬であるためにそうした催淫効果はありません。
あくまでもレビトラに在るのはて勃起を補助する効果であり、性的刺激を受けて勃起することを助けるものでしか無いのです。
そのため飲んですぐに勃起しなかったから期待と違っていたというのは、そもそもその期待が間違っていたのだと考えてください。
次に特徴として挙げられるのが「食事を自由に摂取した」という人です。
レビトラは他の薬と比べると食事の影響を受けづらい傾向があるとはいえ、全く影響を受けない薬ではありません。同じくシアリスに配合されてるタダラフィルは食事の影響を受けにくいとされていますが、レビトラと同様に、全く影響を受けないことはありません。
具体的な基準としては食事によって得る総エネルギーのうち脂肪が30%以内に収まっていれば効果が発揮されるとなっているため、脂肪分の多い食事をしてしまうと効果が薄れてしまいます。
例えば「焼き肉で精を付けよう」と考える人は少なくありませんが、この焼き肉というのはかなり脂肪分が多い食事であるために薬の効果を阻害してしまう可能性が高いでしょう。
栄養学からすると脂肪は1グラムあたり9kcalとなっていますから、例えば900kcalの食事をとる場合には脂肪分が30グラム以下の食事にする必要があります。
最近の飲食店だと食事における脂肪分の量をメニューに記載していることがありますから、もしそうした情報があるのならば参考にしつつメニューを組み立ててみると良いでしょう。
また「精神的、もしくは重度の肉体的な原因がある」ということも時折特徴として見受けられます。
例えばうつ病を患っている人が積極的に性行為に向き合えるのかと言われると難しいでしょうし、高血圧で血管が著しくダメージを受けている状態だとそもそも勃起に必要な血液が確保できないことがありえます。
そうした原因があるとクリニックなどで指摘された場合には、まずそうした原因の治療を行いつつレビトラを使用していくことを考えてください。
ちなみに「個人輸入で薬を買った」という人も効果が出ないことが多く、この原因はシンプルに偽物を掴まされていたからです。
事実として個人輸入ではかなりの量の偽物の薬が出回っているとされていますから、レビトラを使いたいのであれば、EDの専門家のいるクリニックを受診することを考えましょう。

人気記事一覧
アーカイブ