レビトラは現在実用化されている三種類のED治療薬の中では二番目に開発された薬です。
日本国内に置いても既に認可が下りていますから専門クリニックで処方してもらうことも可能なのですが、薬の特徴を知らなくてはわざわざこの薬を選ぶ理由が分からないということも多いでしょう。
ではこのレビトラの特徴は何かというと、最も大きいのは即効性です。
現在実用化されているED治療薬は1~4時間ほど経過してから効果が出るものであるのに対し、レビトラは45分程度、空腹時で薬の吸収が早いと15~30分程度で効果が出てくるとされています。
この即効性は他のED治療薬では全く太刀うち出来ない部分となっており、「薬の効果を素早く実感したい」というニーズを持っている人には高い需要があります。
この優れた即効性は主成分であるバルデナフィルが関係していて同様の成分を持つ薬にバリフもあり、バリフを買うなら通販がおすすめです。
バルデナフィルは他のED治療薬の有効成分と比較するとかなり水に溶けやすいのです。
この水に溶けやすいという性質があるために胃の中に入った後で素早く分解されて血液に乗り、全身を駆け巡ることになるわけです。
またレビトラは食事の影響を比較的受けづらい性質も有しているため、ある程度であれば食事を自由にとっても構いません。
脂肪分が多すぎる食事は薬の吸収を阻害するために好ましくありませんが、あっさり目の食事を腹八分目ということであればおおよその場合は問題ないでしょう。
これらの特徴を踏まえると、この薬は事前に計画立てて飲むというよりはパートナーとの雰囲気が盛り上がった時に飲んで素早くED症状を緩和するのに向いていると言えます。
ただ少々注意したいのは、この薬はあくまでも勃起を補助する効果しかないという部分です。
他のED治療薬にも共通して言えることですが、ED治療薬は「飲むだけですぐに勃起する」という誤解を受けていることが少なくありません。
実際の薬の効果はあくまでも勃起を補助するだけであり、勃起のきっかけである性的刺激を受けないことには勃起することはありません。
従っていわゆる媚薬的な効果などはありませんし、重度の精神的なEDによって性的刺激を脳が上手く処理できない状態になっている場合も効果が薄れてしまいます。
レビトラに限った欠点であるわけではないのですが、この点だけはしっかり知っておかないと薬を飲んでもその価値を発揮できません。
処方してもらう際には専門医の診察を受け、しっかりとしたアドバイスをもらってから服用するようにして下さい。